2018.10.15

大会結果

古豪を撃破し決勝進出

平成30年度 全日本大学対抗テニス王座決定試合

<準決勝>
日時:平成30年10月14日
会場:愛媛県総合運動公園テニスコート

<試合結果>
 ○亜細亜大学(関東第2代表)4 ー 1 ●園田学園女子大学(関西第2代表)



 

女子ダブルス
 ●高橋玲奈(法4)・中沢夏帆(経済4) 1(6-3、3-6、5-7) 2 ○小池・東谷
 ○松田美咲(法2)・南文乃(国際関係3) 2(7-6(4)、6-1)0 ●石井・西野
 
女子シングルス
 ○松田美咲(法2) 2(6-1、6-1)0 ●小池颯紀
 ○中沢夏帆(経済4) 2(6-2、6-4)0 ●伊藤優子
 ○高橋玲奈(法4) 2(1-6、6-4、6-0)1 ●東谷和

 <森稔詞コーチ コメント>
準決勝の相手は、過去21回の優勝を誇る古豪、園田学園女子大学でした。
ダブルスでは、マッチポイントを握りながらも逆転負けを許し、1勝1敗。
嫌な流れのなかでのシングルスとなりましたが、エース松田の圧倒的なプレーなどでチームとしての安定感を取り戻し、3勝0敗。計4勝1敗で決勝進出を決めました。


(文責・画像:アジア女子ローンテニス部)

pagetop