2018.10.16

大会結果

決勝で敗れ、惜しくも準優勝

平成30年度 全日本大学対抗テニス王座決定試合

<決勝>
日時:平成30年10月15日
会場:愛媛県総合運動公園テニスコート

<試合結果>
 ●亜細亜大学(関東第2代表)1 ー 4 ○早稲田大学(関東第1代表)



 

女子ダブルス
 ○高橋玲奈(法4)・中沢夏帆(経済4) 2(7-5、6-1) 0 ●上・大矢
 ●松田美咲(法2)・南文乃(国際関係3) 1(6-3、3-6、1-6)2 ○清水・下地
 
女子シングルス
 ●松田美咲(法2) 0(4-6、3-6)2 ●清水映里
 ●中沢夏帆(経済4) 0(5-7、3-6)2 ●大矢希
 ●高橋玲奈(法4) 0(2-6、3-6)2 ●上唯希

 <森稔詞コーチ コメント>
20年ぶりの日本一を目指し、早稲田大学との決勝戦に臨みました。
早稲田大学には関東大学テニスリーグ戦で敗れており、リベンジを期しての戦いでしたが、出だしと終盤の集中力、勝負強さの面で相手が上回っていました。
今回、残念ながら準優勝に終わりましたが、この経験を活かしてまたこの地に戻ってこられるよう、日々頑張っていきたいと思います。
応援ありがとうございました。

(文責・画像:アジア女子ローンテニス部)

pagetop