2018.11.20

大会結果

「PTT ITF女子アジア/オセアニア」女子シングルス準優勝

タイのノンタブリーで開催されたITF(国際テニス連盟)の大会「PTT ITF女子アジア/オセアニア」(11月12日~18日)女子シングルスに松田美咲さん(法2)が出場し、準優勝を果たしました。

11月上旬まで行われていた「第93回三菱全日本テニス選手権大会」女子シングルスでベスト4進出を果たした松田さん(記事はこちら)。その勢いを買われ、急遽タイでの大会出場が決まり、帰京してすぐに準備を整え出国しました。
 

高校時代にジュニアの大会で来たことがあり、2度目となるタイ。
朝8時には気温が30度を超え、湿度も非常に高い環境のなかでも、日々の練習で走りこんできたことで、体力的にも精神的にも自信をもって普段どおりのプレーができました。

松田さんは予選2試合を勝ちあがり、本戦でもシード選手を撃破するなど快進撃をみせます。
決勝戦では、対戦相手のベテランならではの試合運びに押され、惜しくも優勝を逃してしまいましたが、得られたものも多くありました。「自分は勝負どころで『ここを取らなきゃ』と弱気になってしまう部分がありましたが、相手はそこで一気に攻めてきました。試合自体は優位に進められていましたが、ここぞという場面で集中力を発揮する力は参考にしていきたいです」

今大会の結果で、世界ランキングポイントを獲得。まだランキング入りは果たせていませんが、着実にステップアップしています。

今後は11月下旬から行われる「全日本学生室内テニス選手権大会」にシングルスとダブルスで出場予定です。

pagetop