2021.02.18

トピックス

第57回 2020年度全日本学生室内テニス選手権大会

「第57回 2020年度全日本学生室内テニス選手権大会」が、明日(大会期間19日(金)~25日(木))からに開催されます。
4年生にとっては学生最後の大会となります。学生日本チャンピオンを目指して頑張っていただきたいと思います
大会の結果はこちらでもご報告させていただきます。ご声援よろしくお願いします。
 
<大会詳細>
大会名   :第57回 2020年度全日本学生室内テニス選手権大会
種目    :個人戦
会場    :江坂テニスセンター
期間    :令和3年2月19日(金)〜2月25日(木) 
大会ドロー数:男女シングルス各32名・男女ダブルス各16組
 
<出場選手>
 硬式庭球部       :6名
 アジア女子ローンテニス部:6名
 
 男子シングルス:5名
  清水奎吾(経営4)/熊坂拓哉(4)/高見澤岳飛(4)/内竜輔(4)/濱口昌孝(3)
 男子ダブルス:2組
  熊坂拓哉(4)堀内竜輔(4)/高見澤岳飛(4)権藤卓巳(3)
 女子シングルス:5名
  松田美咲(法4)/伊藤さつき(法2)/中島美夢(法2)/山﨑郁美(法1)/吉川ひかる(国関1)
 女子ダブルス:2組
  伊藤さつき(法2)・中島美夢(法2)/松田美咲(法4)・朝倉菜月(経営4)
 
<公式練習日前日の森コーチコメント>
 明日は、公式練習日ということで、かなり時間が制限されるため、本日、男子5名と女子4名が大阪へ移動し現地コートで18:00〜20:00まで練習をいたしました。
 コートサーフェイスは、少しスローなハードコートですがラインがかなり滑ります。インドア特有の音でかなり調子が良く感じられ、風も太陽も無く、集中力も上がりました。後は、照明の位置等の確認し最終調整を行います。
 前大会では、松田美咲(法4)が、シングルスで初の全国制覇を成し遂げた縁起の良い大会。そして今大会出場する4年生は、6名中4名が卒業後にプロプレーヤーとして活動を予定しています。その4名のうち、松田は2連覇を狙い、熊坂・高見澤・堀内は全国タイトルや学生タイトルを狙います。そして高校教諭として高校生の指導にもあたる進路を決めている4年の清水、社会人としてテニス競技を最後にする朝倉も、最後の最後までよく練習をしました。なんとかタイトルに絡む戦いをして欲しいと思います。
 その他、新人も勢いを活かして思い切り戦って欲しいと思います。明日は、最終調整をして明後日の初戦に挑みたいと思います。応援の程、よろしくお願いいたします。

pagetop