2021.02.18

トピックス

第104回日本陸上競技選手権クロスカントリー大会に大城君が出場

本学、陸上競技部、大城義己君(法学4年)が、第104回日本陸上競技選手権クロスカントリー大会シニア10㎞に出場いたします。大城君は4月から実業団の名門トヨタ自動車九州への内定が決定しており、今年1月末からトヨタ自動車九州陸上競技部の寮に入寮し、現在、実業団選手と共に練習を行っておりますが、今回の大会が亜細亜大学のユニホームを着ての最後のレースとなります。4年間の有終の美を飾るべき全力を出し切っていただきたいと思います。
 
<大会詳細>
◇大会名:第104回日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走
 種目:シニア男子10㎞ 
 日時:2021年2月27日(土) 15:40スタート
 場所:国営海䛾中道海浜公園クロスカントリーコース(福岡市東区西戸崎18-25)
◇テレビ放送
 令和3年2月27日(土) TBS15時30分~ (TBS系列全国放送)
◇出場選手:大城義己(法学部4年)ゼッケン№1151(4月からトヨタ自動車九州)
      ※OBの加藤風磨選手(安川電機)藤田啓生選手(ひらまつ病院)も出場予定です。
      加藤風磨選手は、元旦のニューイヤー駅伝1区で区間10位、2/14(日)の全日本
      実業団ハーフでも自己記録を更新。
 
<佐藤監督コメント>
高校、大学時代と怪我が多かった選手だけに、心配しておりましたが、大学3,4年は比較的故障も減り、練習も積めるようになってきました。
今後も怪我無く、レベルの高い練習が継続できれば、実業団でも十分戦える能力があるだけに頑張ってほしいと思います
亜細亜大学所属での最後のレースになりますので結果を恐れず自分の力を全て出し切ってもらいたいと思います。
女子陸上部と同様、ご声援よろしくお願い致します。
 
<大城君コメント>
「ここまで怪我無く走れているので、クロカン日本選手権には、万全の状態で出場出来そうです。徐々に練習も慣れてきているので頑張ります。学生としての最後のレースとなりますので悔いの残らないレースと今後に勢いのつくレースを心掛けたいと思います。」

pagetop