2020.12.06

大会結果

第282回日本体育大学長距離競技会【結果】

5,000mで自己新記録を更新した田中優花さん

5,000mで自己新記録を更新した田中優花さん

1年生 ながら5,000mで16分台自己新記録を更新した金井美凪海さん

1年生 ながら5,000mで16分台自己新記録を更新した金井美凪海さん

同じく 5,000mで自己新記録を更新した小美濃あいさん

同じく 5,000mで自己新記録を更新した小美濃あいさん


本日、第282回日本体育大学長距離競技会が行われました。この記録会は女子大学駅伝2大大会である、全日本選抜大学女子駅伝(通称富士山駅伝)への出場権をかけた、最後の記録会となります。選考基準となる5,000mに6名が出場し6名中5名が自己新記録を出すなど最後の最後まであきらめないという執念の走りを見せました。
富士山駅伝には、全日本大学女子駅伝上位12チームの他にチーム7名の平均タイム上位校10大学が出場権を獲得しますが、本日の日体大記録会の結果により、本学の5,000m7名の平均タイムが16分55秒59(昨年17分27秒39)と昨年の10番目の富士山駅伝出場校のタイムを上回りました。この結果、出場の可能性が出てきました。残り10大学の出場の発表は、明日に正式発表があります。
 

<第282回日本体育大学長距離記録会・詳細結果>  
・3000m
1組
2着 南舞鳥(国際関係学部2年) 10’15"51
3着 塚越かれん(経営学部1年) 10’16"24
7着 石川美優(国際関係学部3年) 10’30"00
9着 小野智世(経営学部2年) 10’32"37

・5000m
2組
9着 小美濃あい(経営学部2年) 16'55"43自己新記録
13着 寺崎梨華(経営学部1年) 17’00"50自己新記録
14着 河嶋菜々子(国際関係学部1年) 17’01"50自己新記録
21着 広瀬はるか(国際関係学部2年) 17’16"76

3組
2着 田中優花(経済学部3年) 16’37"41自己新記録
5着 金井美凪海(国際関係学部1年) 16’42”84自己新記録
 
<岡田監督コメント>
 
今回の日体大競技会から参加標準タイムが設けられ、参加人数を絞っての開催となりました。3000mに出場した4名は次のレースで5000mに移行するための練習の一環での出場となりました。その中でも南が先頭集団の前方でレースを展開しながら積極的なレースをしました。
 
5000mに出場した6名は、富士山駅伝に出場するために1秒でも自己ベストを更新しなければならない状況の中でのレースでした。
2組目を走った4名とも前半から積極的に走り、中盤のきついところも何とか耐え、ラストペースアップをして小美濃・河嶋・寺崎が自己新を大きく上回る走りをしました。
小美濃・河嶋・寺崎の3名は来年度の関東インカレ10000mの参加標準記録も突破しました。
 
3組目を走った田中・金井は16’30”~40”を狙っていくために速いレース展開についていき、どのくらい粘れるかでしたが、最後の最後まで気持ちの入った走りをした結果、田中が自己新から8秒更新、金井が自己新を23秒更新する走りをし、田中も最上級生の意地を見せる走りをしてくれました。田中と金井は来年度の関東インカレ5000mの参加標準記録も突破しました。
 
本日のレースで、5000mのチーム内上位7名の平均タイムは16'55"59となりました。富士山駅伝への出場出来るかどうかは明日わかりますが、昨年の平均が17’27’39だったので確実に力はついてきています。
まだこれからもレースは続きます。個人個人が力を伸ばし、チーム力を上げていきます。
ご声援ありがとうございました。
 

pagetop