2021.12.30

大会結果

全日本大学女子選抜駅伝競走 結果

本日、2021全日本大学女子選抜駅伝競走が開催されました。
創部4年目にして初出場となる全国大会の舞台でした。
1区の広瀬が区間6位で襷をつなぐなど見せ場も作りましたが、結果は22位でのフィニッシュとなりました。
しかし、女子陸上部はまだまだ成長の途中です。この全国での経験や悔しさを糧に今後さらに力をつけていただきたいと思います。
 
<2021全日本大学女子選抜駅伝競走(富士山女子駅伝)>
・日時:2021年12月30日(木)
・場所:富士山本宮浅間大社~富士総合運動公園陸上競技場
    7区間43.4㎞
 
1区4.1km 広瀬はるか(国際3年) 13’15” 区間6位
2区6.8km 髙橋朱穂(経営1年) 22’40” 区間19位  チーム17位通過
3区3.3km 河嶋菜々子(国際2年) 11'03” 区間20位 チーム17位通過
4区4.4km 寺崎梨華(経営2年) 16'07” 区間22位 チーム17位通過
5区10.5km 金井美凪海(国際2年) 37’56” 区間23位 チーム22位通過
6区6.0km 黒江彩聖(経営1年) 21’16” 区間20位 チーム22位通過
7区8.3km 小美濃あい(経営3年) 32’43” 区間20位 
 
総合 2時間35分00秒
   22位(全24チーム)
 
【岡田監督のコメント】
初めての富士山女子駅伝は22位という結果でした。
結果としては下から数えたほうが早い順位ですが、持ちタイムは23~24番手だったので現状の力は出せました。
そして何より全国駅伝に出場したという経験は必ず来年以降の糧となります。
また1区の広瀬はるかが区間6位と健闘してくれました。最初に勢いをつけてくれましたが、その流れを上手くその後の区間に繋げることができませんでした。
今回、初出場することはできましたが、まだまだ全国で戦うには力不足です。
選手たちも痛感したと思います。
全国で活躍するチームとの差を肌で感じ、もっともっと上を目指していかなければいけないということを選手たちもスタッフも感じ取ることができました。
まだまだ私たちは強くなる要素はあります。伸びしろは大いにあります。
今回の経験を今後に生かしていき、もっともっと貪欲に上を目指していきたいと思います。
 
今回、富士山女子駅伝に出場するにあたって、大学の教職員の方々から多大なるご声援とご協力を賜りました。
また多くの亜細亜大学の卒業生の方々からお祝いのお言葉やご支援を頂きました。
本当にありがとうございました。
私たちは本当に周りの方々のおかげで競技が出来ていることを実感させて頂きました。
現状に甘えず、結果で恩返しができるようこれからも精進して参ります。
 
今後とも女子陸上部へのご指導ご声援の程、宜しくお願い致します。

 

pagetop