2018.10.16

大会結果

9勝2敗の3位でリーグ戦を終える

秋季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦、第10日・第11日(最終日)が行われました。

【試合結果】
第10日・10月13日

亜細亜大学 対 法政大学
         25-17
    3     25-22   0
         25-23

第11日(最終日)・10月14日
亜細亜大学 対 中央学院大学
         25-13
    3     26-24   0
         25-20

【試合経過】
第10日の相手は、春季リーグ2位(本学は同4位)の法政大学。
第1セット、序盤からサーブで相手を崩し、試合の主導権を握ると、大きく点差を離して25対17で奪います。
第2セットは一進一退の攻防が続きますが、終盤に再びサーブで崩し、ブロックなどで一気に得点を重ねました。
第3セットも競った展開になりますが、第1・2セットの勢いそのままに、最後はライトからのバックアタックを叩き込み試合終了。昨季敗れた相手に3対0のストレートで勝利しました。

最終日第11日は、春季リーグ5位で昨季の対戦で敗れた中央学院大学が相手でした。
第1セット、中盤以降に大きくリードを奪い、25対13と一方的な展開になりました。
第2セットはデュースにもつれる競ったゲームになりますが、最後はブロックが決まり26対24でこのセットを奪いました。
第3セットも競った展開になりますが、終始優位に試合を進め、最後はセンターからのバックアタックで試合終了。
前日に続き、3対0のストレートで勝利しました。

秋季リーグ戦の全日程が終了し、本学は9勝2敗の3位となりました。
春季リーグ戦(7勝4敗の4位)から順位を上げることができ、チームとしての成長を感じられるリーグになりましたが、2位以内が出場できる入替戦まではあと一歩足りませんでした。
来年度のリーグ戦では、入替戦出場、そして1部昇格を目指して頑張ります。

また、今後は11月26日(月)から開催される「第71回秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会」に出場します。ひとつでも上を目指して戦いますので、ご声援のほどよろしくお願いいたします。

<最終結果>
第1位 青山学院大学 10勝1敗(セット率4.571)
第2位 専修大学   10勝1敗(セット率4.000)
第3位 亜細亜大学  9勝2敗
第4位 大東文化大学 8勝3敗(セット率1.929)
第5位 法政大学   8勝3敗(セット率1.867)
第6位 中央学院大学 5勝6敗(セット率0.987)
第7位 立教大学   5勝6敗(セット率0.916)
第8位 国際武道大学 4勝7敗
第9位 立正大学   3勝8敗
第10位 平成国際大学 2勝9敗
第11位 産業能率大学 1勝10敗(セット率0.367)
第12位 神奈川工科大学 1勝10敗(セット率0.267)


(文責・画像:バレーボール部)

pagetop