2021.11.09

トピックス

2名が個人賞を受賞

「秋季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦」が全日程を終了し(本学は9勝2敗で3位)、下川諒(経済4)がセッター賞、小出駿弥(経済1)が新人賞を受賞しました。セッター賞・新人賞はともに各大学監督などの投票によって選出されるものです。

下川は1年次の「新人賞」以来3年ぶりとなる個人賞で、「セッター賞」は初受賞です。絶妙なハンドリングで味方攻撃陣を操り、また、キャプテンとしてもリーダーシップを発揮しチームを牽引しました。

小出は1年次ながらエースとして全11試合に出場。高さのあるスパイクに加え、ブロック、サーブなどでチームの得点源として活躍しました。

【受賞コメント】
〇セッター賞:下川 諒
まずはリーグ戦を開催していただいたことに心から感謝しています。セッター賞をいただけたことは、スタッフの方々の支えやチームメイトの支えがあったおかげだと思います。学生最後の年にセッター賞を受賞することができ本当によかったです。

〇新人賞:小出 駿弥
1年生でこんなにすごい賞をいただけて本当に嬉しいです。これからもっと精進していきたいです。

pagetop