2019.12.06

トピックス

小谷君が日本代表チームでアジア大会に出場、3位入賞

11月18日~21日に台湾で行われた「YONEX TAIWAN International Sepaktakraw Invitational 2019」で、本学セパタクロー部の小谷駿太君(経済4)が日本代表チームの一員として出場し、3位に入賞しました。

△日本代表チームの5人(左から2番目が小谷君)

本大会はアジア諸国の代表チームが出場する国際大会。小谷君は秋の学生大会での優勝や最優秀選手賞受賞などの功績が認められ、日本セパタクロー協会から指名されました。日本代表メンバーは小谷君を含め5人。今後のセパタクロー界を担う若手メンバーが中心です。

小谷君は本大会のレグ種目(3人が1組となり対戦、2セットマッチ勝敗を争う)に出場しました。予選第1試合のイラク戦と第3試合の台湾bチーム戦で勝利に貢献。チームは2勝1敗で予選を2位通過します。

準決勝の相手はベトナム。アジア大会常連メンバーを率いるトップチームです。現地の大勢の観客が詰めかけ、テレビ番組で生放送されるほど注目度が高い試合でした。逆転で1セットを先取しましたが、強豪チームの巧妙な技術に苦戦。あえなく敗戦を喫したものの、レベルの高いアジア大会で3位入賞を果たしました。

△「チームワークで苦しい場面も乗り越えられた。このメンバーと共に戦えてよかった」と振り返る(左手前に小谷君)

試合を振り返って、「ミスが許されない場面でいつも以上のプレーができました。ピンチの場面で力を発揮できるようになったのは、大学4年間でのさまざまな経験を通して技術面、精神面で成長できたからです」と語りました。

試合結果は次のとおり。
【試合結果】
予選第1試合・11月20日
VS イラク 2-0(21-7, 21-10)
VS タイ 0-2(11-21, 21-23)
VS 台湾bチーム 2-0(23-21, 21-13)

準決勝・11月21日
VS ベトナム 1-2(22-20, 11-21, 8-21)

小谷君過去の功績はこちら▽

pagetop