picture

経済学部 経済学科 2年 小澤ひかる(2012年度入学)

各種講座をフル活用して、資格をたくさん取得し、就職活動にそなえたい! 各種講座をフル活用して、
資格をたくさん取得し、
就職活動にそなえたい!

将来、社会に出ても困らないようにと経済学部に進んだ小澤さん。マクロからミクロまで生きた経済学を授業で学ぶ一方で、経済以外にも、さまざまな分野の教養科目を受講することができることに、あらためて大学で学ぶ楽しさを実感しています。また、大学で開催している資格試験対策などの講座も積極的に受講し、資格取得にも余念がありません。「将来後悔しないためにも、今やれることを頑張りたい」と、学生生活について語ってくれました。 将来、社会に出ても困らないようにと経済学部に進んだ小澤さん。
マクロからミクロまで生きた経済学を授業で学ぶ一方で、経済以外にも、
さまざまな分野の教養科目を受講することができることに、あらためて大学で学ぶ楽しさを実感しています。
また、大学で開催している資格試験対策などの講座も積極的に受講し、資格取得にも余念がありません。
「将来後悔しないためにも、今やれることを頑張りたい」と、学生生活について語ってくれました。

picture
What made you choose your major? What made you choose your major?

経済学科を選んだワケ。 経済学科を
選んだワケ。

高校の先生に亜細亜大学を勧められて、オープンキャンパスに参加しました。そこで経済学部に興味を持ちました。中でも「実社会で即戦力となれる人材の育成を目指している」という言葉に強く惹かれて、進学を決意したのを覚えています。

小澤さんの亜大ハイライト 小澤さんの亜大ハイライト

picture
1年 How was your 1st Year? How was your 1st Year?

教養系の科目で、学ぶ楽しみを実感。 教養系の科目で、
学ぶ楽しみを実感。

小澤さんは、全学共通科目で自分の好きな科目を選ぶことができるので、とても楽しく履修していると語ってくれます。
「経済学部といっても、1〜2年は経済漬けじゃなくて、幅広く教養を身につけることができる科目が揃っているので、とても充実していて楽しいです。西洋の歴史を学びながら文学作品に触れる『西洋文学I』や、難しいフランス語を楽しく学べる『フランス語初級』、苦手な英語の長文問題を克服したい一心で受けた『経済学基礎英語』や、ひとつの作品をさまざまな角度からみんなで意見を出しあいながら論評しあう『日本文学(近現代)』など、予習・復習をするのは大変ですが、自分の興味と合う科目が多いのが嬉しいです」。

読書が趣味だという小澤さん。空き時間には図書館を積極的に活用しているのだそう。「蔵書も多く使いやすくて、授業の合間などによく利用しています。グループで学習できるコーナーも用意されているので、友達と一緒に勉強するのにもぴったりなんです」。

picture
2年 How was your 2nd Year? How was your 2nd Year?

専門科目をアドバンス科目群で発展的に学ぶ。 専門科目を
アドバンス科目群で
発展的に学ぶ。

小澤さんは、実社会で即戦力となれる人材のとなれるよう、経済学の勉強にも余念がありません。経済学部のカリキュラムは1年次から2年次前期まで経済学の基礎を学ぶ「ベーシック科目群」と、2年次後期以降は関心に沿った科目で発展的に学べる「アドバンス科目群」とに分かれています。2年次にはいよいよアドバンス科目群である「アジア経済論」を受講。 「近年発展しつつあるアジア地域について、その変化が世界経済にどのような影響を与えるのか興味があっったんです」と小澤さん。実際に受講してみると、アジア地域の歴史や経済発展の背景を学ぶところから始まり、経済学を通してアジア地域と世界とのつながりについて学べたといいます。「色々な国の歴史や文化に興味があったので、両方を学べて満足でした」と、充実を感じました。

picture
2年 How was your 2nd Year? How was your 2nd Year?

課外授業で目指していた検定にも合格! 課外授業で目指していた
検定にも合格!

小澤さんは、入学時に「これだけは在学中に絶対に取っておきたい」と決心した資格があるといいます。それは、「秘書検定」と「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)」。秘書検定については、先日、2級の試験を受けたばかりですが、学内で検定試験を受けられるため、とてもリラックスして試験に臨めたといいます。
「亜細亜大学では、さまざまなスキルアップができる講座が用意されているので、それも積極的に活用しています。秘書検定講座でも、テキストだけではわからないことを教えてくれましたし、具体的な試験対策も、とても役に立ちました」

そのかいあって、秘書検定2級に見事合格。次の目標は、「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)」だと語る小澤さん、早速講座にも参加しています。
「授業も講座も同じキャンパス内で行われるので、参加しやすいのもいいですね。講座に参加すれば、否が応でも資格受験することになるので、自分を追い込むためにも積極的に講座を活用していきたいと思っています」
さらにチャレンジしたい資格試験として、「簿記」や「TOEIC®」なども挙げています。もちろん、学内の成績をきちんとキープすることも、忘れていません。
「勉強に集中できる、今という時間を大切にしたいと思っています。資格取得もやみくもに取るのではなく優先順位をきちんと決めて、トライしていきたい。」と、今後の展望をきかせてくれました。

picture
2年 How was your 2nd Year? How was your 2nd Year?

アルバイトでも、責任感を発揮。 アルバイトでも、責任感を発揮。

小澤さんは、現在、24時まで営業するミニスーパーでアルバイトをしています。そこではレジや品出しなどの業務を担当していて、業務を通して経済の流れを実感し、お金を稼ぐことの大切さなども痛感しているといいます。

「商品の品出し等をしていると、自然に物価などにも敏感になってきます。『これはちょっと高いから、私は買わない』とか(笑)。また、レジを担当していると、まれに端数が合わなくなることがありますよね。
私は1円でも合わないと責任を強く感じる方なので、そういったことはきっちりやりたいと思っています。幸い、計算が大きく合わなかった経験はないのですが、アルバイトといえども責任感がともなう仕事だと思います」。

pictureINTERVIEW
INTERVIEW
  • Q1

    今後の目標や計画はありますか? 今後の目標や
    計画はありますか?

    自分ひとりでも生き抜く力を得るために、社会に出た時に役に立つ資格をできるだけ多く取得したいと思っています。就職のことはまだわかりませんが、きれいなオフィスでバリバリ働く――そんな姿を夢見ています。

  • Q1

    受験生へのメッセージをお願いします! 受験生へのメッセージを
    お願いします!

    亜細亜大学は、たくさんのチャンスが用意されている環境が備わった大学だと思います。この環境をぜひ活かして、悔いのない学生生活を送ってください。私もさらに頑張ります!

その他のおすすめエピソード RECOMMEND ARTICLES